raise3D

【必読】Raise3D専用スライシングソフトideaMakerバージョンアップしました!!

いつも日本3Dプリンターをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

Raise3D専用スライシングソフトideaMakerはバージョンアップし、3.3.0になりました。
新バージョンideaMakerのダウンロードは、https://raise3d.jp/download/からお願いします。
今回は、3.3.0のideaMakerの新機能について、説明させていただきます。

スライスする際、壁面の造形順路を効率化いたしました。

造形速度が前回のバージョンに比べて短くなります。
複数の造形物を作成するときも、造形時間が短くなります。

2.「開始点を隠す」という項目を追加しました。

設定場所は、STLデータをインポートした後、「スタート」ボタンを押し、
表示画面の右側の「編集」ボタンをクリックし、「詳細設定」ボタンをクリックします。
「レイヤー」の左下側の場所に「開始点を隠す」機能を追加しました。
機能の説明は以下になります。
今までのバージョンではランダムに開始点を選択し、造形していました。
今後は、この機能を使うことで壁面の造形開始時のにじみや凹凸を目立たなくすることができます。
指定できる開始点として、「反射隅または凸面コーナー」「反射隅」「凸面コーナー」の三つが選択できます。
「反射隅」は、壁面のへこみ、凹角の部分に開始点を置くことで、開始点を目立たなくします。
「凸面コーナー」は、外側に突き出た凸角の部分に開始点を置くことで、開始点を目立たなくします。
「反射隅または凸面コーナー」では、この二点を自動的に選択します。

3.「未使用エクストルーダーを冷却する」という項目を追加しました。

設定場所は、「詳細設定」の「温度」の右側に追加しました。
機能の説明は以下です。
デュアルヘッドで造形を行う際、使用していないエクストルーダーが加熱されていることで発生する、
ノズルからフィラメントが垂れてくる現象を予防できます。
この機能を使用した場合、造形が終了してノズルを切り替える際、
指定した加熱待機位置に戻り、次に使用するエクストルーダーを加熱します。
エクストルーダーが指定した温度に達し、造形を始めた後に
使用していないエクストルーダーを冷却します。
この機能を使用することで、造形の時間は増えてしまいますが、
造形の失敗の確立を下げる、また、造形の表面精度を上げることができます。
この項目内の「未使用エクストルーダーを予熱する」という機能を使用することで、
造形時間を短縮することも可能です。
予熱する機能を使用すると、加熱待機位置に戻る前から加熱を始めるため、
加熱待機位置での時間のロスを防ぐことができます。
加熱待機位置と、予熱機能を使用していただき、より短く、精度を上げるよう活用いただけたら幸いです。

ワイプウォール、ワイプタワーを使用していただくことで、さらに
効果があると思われます。ぜひ新機能をご活用ください。

造形でのお悩みがございましたら、是非ご相談ください。
Raise3Dの造形ノウハウやお悩み解決を、メールマガジンで解決していきたいと思います。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。