事例紹介

【医療業界】整形外科での応用

手術モデリング:整形外科手術試験のための医学モデル

「Raise3Dプリンターは、造形が安定しており、操作が簡単で、造形精度も優れています。ABSフィラメントを使って、大きなモデルも造形可能です。」-ルイ(創立者)

Hong kong persona Modeling(以下ペルソナ)は、医療用3D造形サービスを医療機関に提供している会社です。ペルソナの創立者の一人である医学教育の経歴を持つルイは、外科手術の現場で患者の患部モデルの重要性を理解しています。ペルソナは、大型造形ができるRaise3Dプリンターを利用して、香港の数多くの病院向けに整形外科モデルを製作しています。

Raise3Dプリンターで作られた背骨モデル(サポートは取り除いてません)

3Dプリントされたモデルを通して、ペルソナは手術計画とシミュレーションテスト、そして実際の外科手術に必要なデータを外科医に提供します。

Raise3Dプリンターを使用する前は、外科医は手術手順を確認するためには、経験とコンピューター画像に頼ることしかできませんでしたが、使用するようになってからペルソナは次のことを実現しました。

①デジタルデータで手術のシミュレーションを行い、それをもとに計画を作成
②造形モデルで模擬手術の実施
③患者に装着する前に、インプラントのフィットテストを実施

実績:
1.インプラントフィッティングの成功率は95%に達成
2.手術時間は25%~50%短縮されます。

Raise3Dプリンターは、腰、背骨、頬骨、頭蓋骨など様々な大きな骨の造形ニーズを満たす、大型造形サイズが可能な3Dプリンターです。医師が必要とするさまざまな医療モデルを1:1のフルサイズで造形し、インプラントテスト、外科手術計画のための正確な情報を提供できます。Raise3Dプリンターは、より高い正確さを実現し、独特な骨の構造及び様々なモデルのあらゆる箇所を表現する事が可能にしました。