事例紹介

【医療業界】Raise3Dプリンターで手術模型と手術医療機器

MEDICAL:VERTEBRA SURGICAL GUIDES INCREASING ODDS

3Dプリンティング技術を使用して手術モデルや補助器具を製造することで、高リスト整形外科手術における手術成功率は大幅に向上しました。

「過去に、私たちは背骨外科手術の成功例があまりありませんでした。今、3Dプリンティング技術を活用し、背骨外科手術の成功率は著しく改善されました。」
「Raise3Dプリンターは、以前に使用した3Dプリンターよりも安定性が高く、造形品質も高く、骨表面の特徴もきちんと造形されてます。」
―ドクター・Niu

MAOFENG医学院第二付属病院の歴史は1915年から遡ります。100年以上の歴史を持つ、それは医療、教育、科学研究、予防、リハビリテーション、ヘルスケア及び緊急応急処理を総合した大規模な総合教育病院です。
整形外科の部長であるドクター・Niuは、2013年以来、臨床分野での3Dプリンター背骨モデル及び補助器具の応用に関する研究を行ってきました。
整形外科の部門内には、3Dプリンティングシステムを導入し、独自で整形外科モデルと補助装置を製造できるようにしました。

Raise3Dプリンターを使い、以下の事を実現しました:
①施術前にモデルを観察し、手術計画を立てることができます。
②掘削の成功率を高めるガイドを製作することができます。
③骨科専門ではない外科医にもガイドで背骨手術ができます。

ソリューション流れ:

ドクター・Niuと彼のチームは、施術前に人体外にシミュレーションとして3Dプリンター観察モデルを適用しています。
3Dプリンターで背骨手術用ガイドを作り、複雑で困難な手術で掘削補助として使用されました。

施術前観察モデル:ドクター・Niuは、CTスキャンデータからSTLファイルを作成するために特別な設計ソフトウェアを使用し、
病変部や骨折の観察、ならびに手術ガイドの手術前検査および手術手順の計画とシミュレーションに使用しました。

手術用ガイド:手術用ガイドが非常に安定しており、繊細な体組織にしっかりと結合できるようにするためにコンピューター設計が使用されています。
コンピューターソフトウェアの力を借りて、ドクター・Niuは手術用ガイドの形状と背骨の断面との間に高度な適合を達成し、
それにより手術用穿孔作業における手術用ガイドの高い精度および安定性を確実にすることができます。

ドクター・Niuのチームは、ソフトウェアを使い、手術器具に合った望ましい手術結果を達成するために特定の角度、長さ、直径のドリル付きカテーテルを含む手術ガイドモデルを設計しました。
観測モデルをテストし、必要に応じて設計モデルを調整して、完全に一致するようにします。

外科用ガイドの3Dプリントは通常約1時間しかかからず、その後背骨外科手術に直接使用することができ、そして外科手術後に道具なしで用意に除去することができます。

結果:
Raise3Dプリンターを使用することで、ドクター・Niuチームは3Dプリントガイドと観察モデルを使用し、困難でリスクの高い手術を行うことができました。
手術用ガイドを造形すると、手術の成功率が向上するだけでなく、外科医の技術的な限界も下がり、手術モデルと補助装置を適合することで、成功した背骨手術症例数は急増しています。
背骨手術は現在より安全で、以前みたいに危険と不確実がなくなりました。

Raise3Dプリンターを使用し、滑らかな表面と高解像度のモデルができ、非常に実用的にします。Raise3Dプリンターで造形したモデルでは、構造上の細部が明確に示されているため、
医者はモデルの特定の部分を明確に識別でき、高性能デュアルノズルでは、コントラストの髙2色モデルを簡単に造形できます。

3Dプリンティング技術の導入以来、背骨外科手術の症例数は0から26に増え、より多くの外科医は高成功率で手術を行うことができました。
3Dプリンティング技術で、より多くの臨床応用がまもなく開始されることが予想されます。