ideaMakerについて

C-3.3.1 充填

充填用エクストルーダー:充填構造を造形するエクストルーダーを選択します。

 

充填率:モデル内部の充填率(密度)です。

 

重複充填率:充填構造とシェルの間のオーバーラップ(重複率)です。

 

充填流量:充填構造を造形する際の流量です。

 

充填形状:充填構造の形状を選択できます。

 

格子状           一直線            ハニカム

    

 

三角形           立方体            同心円状

    

 

ジャイロイド                    線状

    

 

100% 同心円状の塗りつぶしの隙間を埋める:充填率 100% の同心円状で伱間を埋めます。

 

充填のエンドポイントを接続する:充填形状に「格子状」、「立方体」、「三角形」「線状」を選択した場合、線の端を接続します。

 

高密度サポートの充填形状が格…(充填率が 25% 以上の場合):充填形状が「格子状」で充填率が 25%を超える場合、ideaMaker は充填形状を自動的に線状に変更します。

 

充填時の押出幅:充填形状の押出幅です。
例:押出幅が 0.4mm で、この値を 120%に設定すると、充填構造の押出幅は 0.48mm になります。

 

充填オフセット X:この機能を有効にすると、補正値が充填構造に適用されます。

 

充填オフセット Y:この機能を有効にすると、補正値が充填構造に適用されます。

 

充填レイヤーの結合:充填構造の複数の層を一緒に造形することにより、造形時間が短縮されます。
例:「5」に設定すると、最初の 4 層の充填構造は造形されず、5 層目に厚い層の充填構造を造形します。

 

インフィルアウトラインシェル:充填構造の周囲の外側のシェルのループ数です。
特に 1 度に複数の充填形状を使用する設定の場合、この設定を使用することで充填形状の異なる部分同士の
接着力が向上します。
インフィルアウトラインシェル「0」        インフィルアウトラインシェル「1」

    

 

ボーダーの隙間を埋める:この機能を有効にすると、インフィルアウトラインシェル間の小さな伱間を塗り潰し、または単一の押出で造形します。

 

充填率が 100% の場合、ソリッドフィルとして造形されます:この機能を有効にすると、充填率の設定が 100% の場合、充填構造をソリッドフィル設定で造形します。