ideaMakerについて

B-2.7 修飾子

親モデルに修飾子モデルを重ならせることで、重なる部分のパラメーター設定を独自で調整できます。
この機能により、特定部分の調整ができるようになりました。
修飾子は修飾子モデルをモデルの設定部分と、サポートの設定部分としての2パターンでお使いいただけます。

 

 

 

・設定方法【モデルの設定部分】
①データを選択し「修飾子」アイコンをクリックします。
②左横の画面の「修飾…する」横の三角マークをクリックし、修飾子データの形状を選択します。
③「種類」から「親モデルと重なるスライス設定を修正します」を選択します。

 

 

 

 

 

 

④重ねたい場所に修飾子モデルを重ねてから、「種類」下にある「+」をクリックし、重なる部分のパラメーターの調整をします。

 

 

 

 

 

 

ここで、修飾子モデルを親モデルの真ん中に重ね、重なる部分の「充填率」と「充填形状」を調整してみます。
親モデルの充填率は 15% で、充填形状は三角形にして、重なる部分の充填率は 30% で、充填形状をキュービックにします。

 

 

 

 

 

 

 

・設定方法【サポートの設定部分】
①データを選択し「修飾子」アイコンをクリックします。
②左横の画面の「修飾…する」横の三角マークをクリックし、修飾子データの形状を選択します。
③「種類」から「サポート構造」を選択します。

 

 

 

 

 

④重ねたい場所に修飾子モデルを重ねてから、「種類」下にある「+」をクリックし、重なる部分のパラメーターの調整をします。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、修飾子モデルを親モデルの真ん中に重ね、重なる部分の「充填率」を調整してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

・設定方法【修飾子と重複する箇所のサポートを生成しない】
①データを選択し「修飾子」アイコンをクリックします。
②左横の画面の「修飾…する」横の三角マークをクリックし、修飾子データの形状を選択します。
③「種類」から「親モデルとの重複部分でサポートしない」を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

④重ねたい場所に修飾子モデルを重ねます。

 

 

 

 

 

 

⑤スライスをすると修飾子と重なった部分のサポートが生成されません。

 

 

 

 

 

 

・設定方法【修飾子と重複する箇所のモデルを生成しない】
①データを選択し「修飾子」アイコンをクリックします。
②左横の画面の「修飾…する」横の三角マークをクリックし、修飾子データの形状を選択します。
③「種類」から「重複領域を削除する」を選択します。

 

 

 

 

 

④重ねたい場所に修飾子モデルを重ねます。

 

 

 

 

 

 

 

⑤スライスをすると修飾子と重なった部分のモデルが生成されません。

 

 

 

 

 

 

 

 

・設定方法【修飾子と重複する箇所のみモデルを生成する】
①データを選択し「修飾子」アイコンをクリックします。
②左横の画面の「修飾…する」横の三角マークをクリックし、修飾子データの形状を選択します。
③「種類」から「重複領域のみを保持する」を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

④重ねたい場所に修飾子モデルを重ねます。

 

 

 

 

 

 

 

⑤スライスをすると修飾子と重なった部分のモデルが生成されません。