Raise3D Pro2シリーズを活用した塗装部品の制作

株式会社ヨーコーシャ様は精密模型の塗装、3Dプリント出力品の仕上げを中心に活動している企業です。
少量生産やワンオフの塗装を得意としています。プロダクトの試作品やサンプル品等、一品物の塗装にもご対応されています。
3Dプリンターを用いて造形物を出力してから、下地処理・仕上げを行って最終的に塗装していきます。
今回は同社の制作事例をご共有させていただきます。

制作事例

みなとみらい線オフィシャルキャラクターの造形

概要

使用機種:Raise3D Pro2
FDM方式出力
素材:ABS樹脂
製作行程:下地処理・塗装
ヤスリ掛け・パテ埋め・サフェーサーによる下地処理を施し2回の塗装を経てペーパーによる表面の仕上げを施しています。 デカールもオリジナル製作しております。

制作の流れ

①サンドペーパー掛け、パテ埋め、サフェーサー塗装(下地塗装)で下地を丁寧に整えます。

②塗装面をある程度整えた後、面積の少ない黄色・青色を塗装します。焼付乾燥機で乾燥させた後、青色部分にもマスキングを施行します。

③黄色→青→赤→白の順に塗装した様子です。細かい傷などをペーパー掛け、コンパウンドでの磨きでさらに整えていきます。
目とクチバシの墨入れは筆と烏口で表現します。

まとめ

今回は、株式会社ヨーコーシャ様の塗装部品の制作を紹介しました。
興味がありましたら、是非お問合せ下さい。

 

制作企業

株式会社ヨーコーシャホームページ

 

日本3Dプリンターのロゴ

日本3Dプリンター編集部 Raise3Dチーム

日本3Dプリンター株式会社では、3Dプリンターや3Dスキャナーの導入を検討している方向けに、最新の情報を発信していきます。

Raise3DサイトTOPページはこちら

関連記事

TOPページへ戻る

Contactお問い合わせ

03-6683-9789

【受付時間】09:00〜18:00(土日祝除く)