メンテナンス

一覧へ戻る

【Pro2】ノズル交換手順

2022.01.04

本レポートのPDFデータはこちらよりダウンロードお願い致します。

・Raise3D 純正新型ノズル
・Raise3D タングステン強化ノズル

 

・六角レンチ1.5mm、2.5mm

・レンチ8mm

・モンキーレンチ

・フィラメントは必ずアンロードした状態で行ってください。
・ノズル温度が下がっている事を確認してから作業を行ってください。
・ノズルヒーターを取り外す工程がございますのでプラットフォームを原点から
50mm 以上下げた状態で作業を行ってください。

 

①サイドファンをカバーごと取り外す。
六角レンチ(2.5mm) を使用して、ファンカバーの固定ネジを取り外します。
スペーサーが付いている場合は破棄しないようご注意ください。

 

②ノズルヒーターを取り外す。
ノズルヒーター上部の黒い部品がノズルヒーターを固定している部品になります。
六角レンチ(2.5mm) を使用して固定部品のネジを緩めます。
ノズルヒーターを取り外す際は、下に引き抜くように取り外します。

③温度センサー、加熱棒を取り外します。
六角レンチ(1.5mm) を使って固定用のイモネジを緩めます。

・フィラメントが固着している場合はヒートガンなどでノズルヒーターを温めていただ
くと外せる場合がございます。温度センサー、加熱棒を外せない場合がございます。
・外せない場合は、温度センサー、加熱棒も交換となります。

 

④ノズルヒーターからノズルを取り外す。
シリコンカバーを取り外してからモンキーレンチでヒートブロックを固定し、
レンチ(8mm) でノズルを緩めていきます。
ノズルの使用状況等によっては非常に外しにくい場合がございます。

⑤新しいノズルを取り付ける。
手でノズルを取り付けていき、ヒートブロックと少しだけ隙間が空くところで止めます。
※隙間が大きく空いてしまう場合はヒートシンク側を少し緩めます。

⑥スロートチューブを締める。

次にヒートシンク側( スロートチューブ) をノズルと接触するまで締めます。

⑦ノズルをしっかり固定する。

最後にヒートブロックをモンキーレンチで固定しながら、レンチでノズルをしっかり締めます。

ノズルを強く締めすぎると、ねじ切れてしまう場合がございますのでご注意下さい。

 

⑧ヒートシンクの向きを調整する。
ノズルヒーターのイモネジがある面にヒートシンクのイモネジが来るように向きを整えます。
写真のようにシリコンカバーを外した状態で机などに置くと固定しやすくなります。

 

正面から見た状態

上面から見た状態

・ヒートシンクがヒートブロックと近すぎるとノズル詰まりの原因に繋がります。
・ヒートシンクを固定するチューブの段差と同じ位置になるように固定してください。

 

⑨温度センサー、加熱棒を取り付けます。
加熱棒、温度センサーの順でノズルヒーターに差し込み。温度センサーを奥までしっかり差し込ん
だ状態で固定用イモネジを締めます。
加熱棒は先端がヒートブロックから出すぎないように位置を調整して固定します。

・温度センサー、加熱棒の固定用イモネジは必ず締めてください!
・重大な事故や破損に繋がる可能性がございます。

 

⑩ノズルヒーターを固定します。
ノズルヒーター固定部品のネジを締めます。
ノズルヒーターを軽く下に引っ張った際に外れないように固定して下さい。

⑪サイドファンを取り付けます。
スペーサーが付いていた場合はスペーサーを一緒に取り付けるようお願いいたします。

 

ファンカバー用スペーサー

TOPページへ戻る

Contactお問い合わせ

03-6683-9789

【受付時間】09:00〜18:00(土日祝除く)