3Dプリント部品でBlackbirdドローンの製造を改善

Blackbirdは自律型の空中安全車両です。 ナイチンゲールセキュリティは、FAAが夜間およびマルチドローンの運用を承認し、迅速な対応とロボットによる空中警備の時代の到来を告げます。 この洗練されたセキュリティドローンは、ライブのサーマルおよびRGBビデオフィードを提供するプロパティを自律的にパトロールし、アラームや緊急事態に24時間年中無休で対応できます。 この複雑なセキュリティ機器は、製品の製造にRaise3Dの3Dプリント部品を利用しています。

Raise3Dの3Dプリンターが製造を改善した方法

Raise3Dの正確な3Dプリンターは、成形や製造が難しい高度にカスタマイズされた部品を製造していました。 3Dプリントされたフィラメントの温度は最大300℃であるため、各コンポーネントに適切な材料を選択できます。 フレームとモーターマウントは高強度が可能ですが、カメラシュラウドには最適であり、足には柔軟な衝撃吸収材を使用します。

 

 

まとめ

今回は、Raise3Dの3Dプリンターが製造を改善した方法について紹介させていただきました。
Raise3Dの3Dプリンターについて詳しく知りたい方は、是非お問合せ下さい。

日本3Dプリンターのロゴ

日本3Dプリンター編集部 Raise3Dチーム

日本3Dプリンター株式会社では、3Dプリンターや3Dスキャナーの導入を検討している方向けに、最新の情報を発信していきます。

Raise3DサイトTOPページはこちら
TOPページへ戻る

Contactお問い合わせ

03-6683-9789

【受付時間】09:00〜18:00(土日祝除く)