3Dプリント部品でBlackbirdドローンの製造を改善

Blackbirdは自律型の空中安全車両です。 ナイチンゲールセキュリティは、FAAが夜間およびマルチドローンの運用を承認し、迅速な対応とロボットによる空中警備の時代の到来を告げます。 この洗練されたセキュリティドローンは、ライブのサーマルおよびRGBビデオフィードを提供するプロパティを自律的にパトロールし、アラームや緊急事態に24時間年中無休で対応できます。 この複雑なセキュリティ機器は、製品の製造にRaise3Dの3Dプリント部品を利用しています。

Raise3Dの3Dプリンターが製造を改善した方法

Raise3Dの正確な3Dプリンターは、成形や製造が難しい高度にカスタマイズされた部品を製造していました。 3Dプリントされたフィラメントの温度は最大300℃であるため、各コンポーネントに適切な材料を選択できます。 フレームとモーターマウントは高強度が可能ですが、カメラシュラウドには最適であり、足には柔軟な衝撃吸収材を使用します。

 

 

まとめ

今回は、Raise3Dの3Dプリンターが製造を改善した方法について紹介させていただきました。
Raise3Dの3Dプリンターについて詳しく知りたい方は、是非お問合せ下さい。

関連記事

3D造形による治療の可能性

国立台湾大学病院(NTUH)と国立台湾大学(NTU)は、台湾で革新的で創造的な医療を提供することを目指しています。NTUHの使命は、スマート医療に共同で取り組み.
詳細はこちら

Raise3Dが義肢市場に光をもたらす

3D造形は従来難しかったカスタマイズや緻密なデザインが可能 3D造形技術は始まり以来、義肢市場に影響を与え続けており、製造業の次世代ソリューションとして広く認.
詳細はこちら

Artitek:既存工法からの脱却—Raise3Dプリンターの導入体感

Artitekは、主にオートバイ部品の設計と製造に焦点を当てたプロのCNC機械加工サービスを提供しています。同社は3D印刷を使用して、プロトタイピングプロセスを.
詳細はこちら

福祉用具にまつわるRaise3Dプリンターの活用事業

今回は、弊社⽇本3Dプリンター株式会社のお客様の中から、株式会社福祉用具サービスもんちゃん様の導⼊事例をご紹介させて頂きたいと思います。 株式会社福祉用具.
詳細はこちら

Raise3Dプリンターの活用―「病院向けソリューション」手術・診療の応用導入事例と結果

Raise3Dプリンター―手術の応用 「3Dプリンターを病院に導入してから、椎骨の手術で画期的な成果が出ています。以前は、椎体手術の成功例はあまりありませんで.
詳細はこちら
TOPページへ戻る

Contactお問い合わせ

03-6683-9789

【受付時間】09:00〜18:00(土日祝除く)