【お客様事例】Raise3Dプリンターで低価格義肢製作!

Raise3Dプリンターでの大型造形の製作

「私は3Dプリンターを使った経験がなく、様々な機種を調べましたが、どの3Dプリンターも造形サイズが限られていたので、3Dプリンターの選定は非常に時間がかかりました。そんな時、Raise3Dプリンターを見つけて、大型造形ができることを知りました。」—Dr. Edward Choi

e-NABLEコミュニティは、義肢を必要としている人のために、3Dプリンターで造形された義肢を提供しています。


Raise3Dプリンターで造形した義肢

プリンターの導入で時間とコストの削減を実現

Raise3Dプリンターを導入する前は、
・義肢の製作に長い製作期間と高いコストがかかる。
・高価格の義肢は、低収入の国に提供しづらい。
・細かいパーツを大量に生産できない。
のようなことが問題でした。

Raise3Dプリンター導入後、e-NABLEコミュニティはたったの2ヶ月で52セットの義肢を製作し、義肢1セット当たりのコストは、50ドルまでカットする事ができました。


Raise3Dプリンターを使用し、造形された義肢の部品


Raise3Dプリンターで作られた義肢を使用している様子

まとめ

今回は、Raise3Dプリンターでの大型造形の製作について紹介させていただきました。
Raise3Dプリンターについて詳しく知りたい方は、是非お問合せ下さい。

関連記事

3D造形による治療の可能性

国立台湾大学病院(NTUH)と国立台湾大学(NTU)は、台湾で革新的で創造的な医療を提供することを目指しています。NTUHの使命は、スマート医療に共同で取り組み.
詳細はこちら

Raise3Dが義肢市場に光をもたらす

3D造形は従来難しかったカスタマイズや緻密なデザインが可能 3D造形技術は始まり以来、義肢市場に影響を与え続けており、製造業の次世代ソリューションとして広く認.
詳細はこちら

福祉用具にまつわるRaise3Dプリンターの活用事業

今回は、弊社⽇本3Dプリンター株式会社のお客様の中から、株式会社福祉用具サービスもんちゃん様の導⼊事例をご紹介させて頂きたいと思います。 株式会社福祉用具.
詳細はこちら

Raise3Dプリンターの活用―「病院向けソリューション」手術・診療の応用導入事例と結果

Raise3Dプリンター―手術の応用 「3Dプリンターを病院に導入してから、椎骨の手術で画期的な成果が出ています。以前は、椎体手術の成功例はあまりありませんで.
詳細はこちら

Raise3Dプリンターで義肢づくりおよび教育体験

今回は、弊社⽇本3Dプリンター株式会社のお客様の中から、広島国際大学様の導⼊事例をご紹介させていただきたいと思います。広島国際大学の岡田様は、所属する日本地学教.
詳細はこちら
TOPページへ戻る

Contactお問い合わせ

03-6683-9789

【受付時間】09:00〜18:00(土日祝除く)