【設計業界】3Dプリンターでドローン用カメラブラケット設計とプロトタイプ検証

The view from dbove.Mounting visuals in UAV’s

3Dプリンター導入による工数削減を実現

「当社では、Raise3Dプリンターを使用して、より柔軟で効率的なプロセスを実現し、貴重な時間を大幅に節約しています。」 -エンジニア・Lv(以下Lv)

Brainy Bee UAVは、独自のドローンシステム、工業用ナビゲーションシステムを開発しています。
ドローンの全体設計、モデル検証、各分野の顧客向けにカスタマイズされたドローンシステムにも携わっています。

Lvは工業デザインを学び、ドローン関係の分野に携わってきました。2016年に、Lvは最初のRaise3Dプリンターを購入し、
その後2年ほどで、ドローンの輪郭設計やモーター設計の最適化において豊富な経験を積みました。

PTZ(pan-tile-zoom)カメラは、向きとズームを遠隔操作できるカメラです。Brainy Bee UAVは、PTZカメラブラケットの試作品にRaise3Dプリンターを使用しています。

Raise3Dプリンターを導入する以前は、PTZカメラブラケットの試作に1週間ほどかかっておりました。
しかしRaise3Dプリンターの導入によって、試作品の作成を10時間以内にすることができ、
約94%の時間短縮を実現しました。
また強度の高い素材で造形することにより、最終パーツとして使用可能な部品の造形も可能にしています。

まとめ

今回は、3Dプリンターとドローンの成功事例について紹介させていただきました。
3Dプリンターについて詳しく知りたい方は、是非お問合せ下さい。

関連記事

3D造形による治療の可能性

国立台湾大学病院(NTUH)と国立台湾大学(NTU)は、台湾で革新的で創造的な医療を提供することを目指しています。NTUHの使命は、スマート医療に共同で取り組み.
詳細はこちら

Raise3Dが義肢市場に光をもたらす

3D造形は従来難しかったカスタマイズや緻密なデザインが可能 3D造形技術は始まり以来、義肢市場に影響を与え続けており、製造業の次世代ソリューションとして広く認.
詳細はこちら

Artitek:既存工法からの脱却—Raise3Dプリンターの導入体感

Artitekは、主にオートバイ部品の設計と製造に焦点を当てたプロのCNC機械加工サービスを提供しています。同社は3D印刷を使用して、プロトタイピングプロセスを.
詳細はこちら

福祉用具にまつわるRaise3Dプリンターの活用事業

今回は、弊社⽇本3Dプリンター株式会社のお客様の中から、株式会社福祉用具サービスもんちゃん様の導⼊事例をご紹介させて頂きたいと思います。 株式会社福祉用具.
詳細はこちら

スポーツの3Dプリンティング

スポーツ用品市場における革新のプロセスにおいて設計チームは、新しいトレンドに迅速に適応し、常にパフォーマンスを向上させる必要があります。製品を革新し、絶えず再考.
詳細はこちら
TOPページへ戻る

Contactお問い合わせ

03-6683-9789

【受付時間】09:00〜18:00(土日祝除く)