Raise3Dにより洗練された建築モデルを実現

高層ビル等の建築物が密集する首都部において、周囲に発生する気流は非常にコンプレックスとなっています。特に建物が互いに近すぎる場合、非常に複雑になる可能性があります。空気の流れは、建物の上や周りを流れるときに分裂することが多く、建物の表面の堅牢性を損ない、居住者の健康を脅かします。 韓国は光州の北地区に拠点を置くJKWindは、建物の周辺環境の評価と分析を調査しています。彼らの仕事には、気流テストを実施し、建物の安定性と耐食性を評価するためにプロジェクト会社に詳細の提出をしています。JKWindは、実際の建物に厳密に従って、建物の複雑な構造とさまざまな形状の外観を完全に確認する必要があります。また、周辺の都市部の建物をシミュレートするために、多数の建築モデルを作成する必要があります。JKWindは、最終用途の建築モデルの作成を支援するために、いくつかのRaise3D Pro2 Plus3Dプリンターを購入しました。


(JKWindによるエアフローテスト)

従来の方法(レーザー切断)ではプロジェクトの進行に時間がかかっていた

最も正確な実験データを取得するには、JKWindは建物の複雑な構造と外観を正確に確認する必要があります。これは、モデルの精度と、このような高水準にするためのコストの観点からの課題です。JKWindは、3D印刷を利用する前に、レーザー切断を使用して建物の構造のモデルを作成していました。組み立てる前に、さまざまな部品を木、ボール紙、アクリル、または鋼から切り取りました。このプロセス中に、モデルの詳細がレーザー切断および組み立てプロセス中に失われることがありました。 JKWindが直面する2番目の大きな課題は、プロジェクトを完了するために費やされる時間です。建物によっては、複雑な曲面や角があり、加工が難しいものもあります。このような状況では、作業はサードパーティ企業に外部委託することができますが建築モデルを設計するには多くの時間がかかり、JKWindはサードパーティ企業に繰り返し設計の詳細を調整する必要があります。
サードパーティ企業は、満足のいくモデルを提供する前に、試作-検証-再試作-再検証といったように何度も行う必要があり、プロジェクトの進行を大幅に遅らせ、多くの時間がかかります。JKWindの技術者は、設計されたモデルを即座に最終製品に変えるプロセスを望んでいました。JKWindは、テスト結果をプロジェクト会社にスムーズに届けるために、Raise3D Pro2 Plus 3Dプリンターを複数購入し、3D印刷技術を使用したモデルの1回限りの成形を実現しました。

独自の印刷精度

Pro2 Plusプリンターは、JKWindのニーズを満たすために、高い印刷解像度と必要な測位精度を備えています。Pro2 Plusの最小ノズル直径は0.2mm、最小印刷層の高さは0.01mm、X / Y軸の位置決め精度は0.78125ミクロンです。これはすべて、建物モデルの内部構造がどれほど複雑であっても、Pro2Plusプリンターが必要に応じて詳細なモデルを作成できることを意味します。簡単な後処理(研磨など)の後、印刷された製品は滑らかで繊細な表面仕上げになります。現代の建物の内部構造は非常に複雑で、多数の直線または曲線の柱、鋼製のトラスアーチ、梁、その他の種類の構造要素だけでなく、さまざまな形状やファサードも含まれています。Pro2PlusはFDM印刷技術を使用し、熱可塑性フィラメントを溶かして積み上げます。ノズルは、フィラメントを可能な限り最小の領域に押し出すようにプログラムできます。Pro2 Plusプリンターは、接着剤や接着剤を必要とせずに、いつでも完全にフィットする完全な建築モデルを数時間で作成できます。


Pro2 Plusプリンターで複雑な建築構造を印刷します。)

JKWindのチーフであるHayounは、Pro2Plusプリンターの精度に高い評価を与えました。「現代の建築家は非常に複雑なデザインを持っています。そのため、古いモデル作成プロセスを使用することは困難です。しかし、3Dプリントを使用すると、柔軟性と可能性が高まります。」

製造コストと納期の大幅な節約

JKWindはPLAおよびPVAフィラメントを使用してモデルを印刷し、材料費は板金を使用する場合よりも大幅に低くなります。3D印刷技術は、モデルの印刷に必要な量のフィラメントのみを使用します。これは、レーザー切断によって発生する材料廃棄物の割合が高いこととはまったく対照的です。
3D印刷は、人件費とそれに関連するコストを削減するのに役立ちます。エンジニアはフィラメントをPro2Plusプリンターにロードするだけでよく、モデルのスライスファイルをプリンターにインポートした後、プリンターは手動での監視を必要とせずに自動的に印刷を完了します。さらに、単一モデルの印刷時間は、従来の製造方法と比較して50%短縮されます。JKWindは複数の3Dプリンターを購入し、一度に複数のモデルを印刷できるようになりました。つまり、モデルの製造時間をさらに短縮できるため、納期が短縮されます。
Hayounチーフによれば、「モデルは少なくとも2倍の速さで作成でき、人件費は50%削減され、以前の方法の財務コストはわずか20%になります。」Pro2 Plusプリンターは、前例のない柔軟性を提供します。時間の節約は、納期の短縮に対するニーズの高まりに対応するだけでなく、JKWindの設計者は、設計の自由度を高め、製品の反復サイクルを短縮して、より多くの種類のモデルを作成できます。


(JKWindは、Pro2 Plusプリンターを使用して複数の建物を印刷し、複合ビルを形成しました。)

大きいほど良い—-Pro2 Plusプリンターはより大きな建物を可能にする

Pro2 Plusプリンターは、12 x 12 x 23.8インチ(305 x 305 x 605 mm)の印刷ボリュームで、使いやすく手頃な価格の大判印刷に対するJKWindのニーズを満たします。エンジニアは、Pro2 Plusプリンターを使用して大きな建築モデルを印刷できます。特大の建物モデルの場合、印刷されたパーツが完全にぴったり合うため、後で組み立てるためにいくつかのパーツに分割できます。


(Pro2 Plusによって造形された大型モデル)

「Pro2 Plusプリンターの印刷サイズは私たちにぴったりです。あなたがより大きな(プリンター)を持っているなら、それは完璧でしょう。」チーフハユンは言った。 3D印刷を使用するもう1つの利点は、複製です。JKWindは、さまざまな素材とさまざまなスケールでモデルを複数回印刷しています。そのため、Pro2 Plus 305 x 305mmビルドプレートにさまざまなモデルを配置して、複数のモデルを同時に印刷することができます。

日本3Dプリンターのロゴ

日本3Dプリンター編集部 Raise3Dチーム

日本3Dプリンター株式会社では、3Dプリンターや3Dスキャナーの導入を検討している方向けに、最新の情報を発信していきます。

Raise3DサイトTOPページはこちら
TOPページへ戻る

Contactお問い合わせ

03-6683-9789

【受付時間】09:00〜18:00(土日祝除く)