メンテナンス

一覧へ戻る

【N2S】パネル上にエラー表記が出た場合

2021.06.28

シリアルエラー / ボードエラー / 温度センサーエラーが表示された場合、下記部品の接触不良 もしくは不具合が考えられます。

1温度センサー                                                   2エクストルーダー基板                                               3通信ケーブル                                                        4メインボード(シリアルエラーの場合はパネルの不具合の可能性もございます。)                                                                                                                                                                                     

部品以外にも下記内容が要因の場合がありますので、ご確認ください。
・プリンター設置環境

10度以下の室温にしばらくおかれた後、稼働させますとエラーが発生することがあります。 そのため、もし10度以下(もしくはそれに近い室温)の環境でしばらくおく時間がある場合、

一度空調を稼働させ20度前後の環境に2~3時間おいていただいた後、正常に稼働するかご
確認ください。
 

・ファームウェアバージョン
ファームウェアバージョンが 0_0_69 以外ですと、エラーがでる場合があります。                                https://raise3d.jp/download#download03  からデータをダウンロードし、0_0_69 へ更新します。

プリンター設置環境等に問題ない場合は、温度センサーと通信ケー ブルの抜き差しを実施く ださいませ。
こちらで改善しない場合は、1~4を順番に交換していく必要がございます。                           1、2でしたらお客様で交換可能な部品ですが3、4はセンドバックでの修理対応の交換部品ですので                   下記URLから修理をご依頼ください。                                                   https://raise3d.jp/contact-support03

 

                             *温度センサーの抜き差し*

①電源を切ります。

②2.5mm レンチを使用して、ヘッド右にあるエクストルーダー基板の 2 本のネジを取り外し、 基板を外します。


 
③マイナスドライバーで緩め、温度センサーを抜きます。(T0 が左、T1 が右の温度センサー です。)
マイナス側に白、プラス側に赤のコードを差し込み、締めます。また配線の裸部分が長すぎる
場合は、下図のようにニッパーなどで折り曲げて長さを調整してください。裸部分が長すぎる
配線同士が触れるとショートの原因となります。



④②で取り外したネジを取り付けます。 



                     *通信ケーブルの抜き差し*

①電源を切った状態で、ヘッド右側にある基板の通信ケーブルの抜き差しをします。(下図赤枠参照)


 ②機械前面から見て右側にあります、メインボードに繋がっている通信ケーブルの抜き差しを行います。

 

 


 

 


TOPページへ戻る