メンテナンス

一覧へ戻る

【N2S】ノズルヒーター交換方法

2021.06.30

本レポートのPDFデータはこちらよりダウンロードお願い致します。

 

①タッチパネルを操作し、Z軸プラットフォームを下げます。このメニューは、[設定]タブにあります。

②作業するのに十分な隙間ができるまでプレートを下げます(250mm程度)

③フィラメントをアンロードします。

④ノズル温度が30〜40℃程度になるまで冷却してください。

⑤プリンターの電源を切ります。

⑥冷却ファンを2.5mm六角レンチで固定している2本の六角ネジを取り外します。

⑦ヒーターブロック内の1.5mm六角レンチで4つの止めネジを緩めます。これにより、ノズルヒーターから
温度センサーと加熱棒を取り外せる状態になります。

⑧固定ネジを緩めて、ノズルヒーターを機械から外します。

⑨加熱棒と温度センサーの線をヒーターブロックから取り外して、ノズルヒーターを完全に取り外します。

 

⑩新しいノズルヒーターが適切に調整されていることを確認してください。
下図のようにヒートシンクの底部は、大きなシリンダーの底部と同一平面上にある必要があります。

 

⑪加熱棒(赤線)をヒーターブロックの底の穴に挿入します。ヒートブロックのもう一方の端から出てくるまで挿入し、
2本のイモネジで所定の位置に固定します。

銀色の温度センサーをヒーターブロックの上部の穴に挿入します。

それぞれを2本のイモネジでしっかり固定します。

 

ノズルヒーターを挿入し、エクストルーダー側にしっかり押し込みます。
下図、赤枠内の固定ネジをしっかり締めて固定します。
ここの固定が緩いと造形中にノズルヒーターが脱落し、トラブル発生の原因になりますので、
必ずしっかりと固定したことを確認してください。

 

⑮ファンを取り付け、造形をする前に必ず再度ノズル高さ調整を行います。

TOPページへ戻る